必見!大宮中央クリニックでの注意点、危険な点

必見!大宮中央クリニックでの注意点、危険な点

 

脱毛というのは誰でもできるものではありません。
制限される時、脱毛すると危険な場合というのがあるんです。

 

ここでは大宮中央クリニックでこれだと脱毛できない、とされてる状態についてまとめてみました。
自分の体に不安がある人は実際に来院する前にチェックです。

 

脱毛できない状態

まず公式で脱毛できないと言われている状態。

 

  • 妊娠中の方
  • 乳輪、陰殿部など色素の黒い場所
  • 日焼けをしている方

 

これが大宮中央クリニックで正式に脱毛NGを出されてる状態、場所です。
日焼けの方は日焼けが終わって皮がめくれれば大丈夫です。
黒いままだとレーザーが誤作動を起こす可能性があるんです。

 

妊娠中の方は女性ホルモンの影響でレーザー脱毛がうまく気かなk場合があるからです。
体に悪い影響が出ることはないんですが効果がなかったらやっても意味ないですよね。

 

おそらく脱毛できない状態

以下のモノは大宮中央クリニックでは脱毛できないと明確に言われてるわけではないんですが、他のクリニックなどでよくNGされてる物をあげてみました。

 

  • タトゥー、刺青の方
  • 脱色、染めてる方
  • 大きな傷がある部分

 

この3つです。
まずタトゥーの場合ですがこれも上で話した日焼けと同じ理由です。
レーザー機が毛の黒さを追って照射していくのでそこにタトゥーがあるとどんな誤作動を起こすかわかりません。
毛の生えてるところにタトゥーをする人はあまりいないと思いますが脱毛はできない状態になっています。

 

脱色、染色に関しても毛の色が変わってしまうからです。
金色なんかにしてしまうと黒じゃないので反応しないんですね。
同じ理由で欧米系のブロンドの毛をしてる方も日本の脱毛はできないでしょう。

 

傷の部分はレーザーが通りにくいから、という理由です。
傷跡って普通の皮膚の感じとは違いますよね。
あれの影響でレーザーも届きにくいとのことです。

 

まとめ

妊娠中の方
乳輪、陰殿部など色素の黒い場所
日焼けをしている方

 

ココだけとりあえず押さえておきましょう。
詳しく知りたいかたは契約前にカウンセリングにどうぞ。

 

 

↓公式サイトはコチラ↓

医療レーザー脱毛